肺炎球菌ワクチン

先日もここに載せたように新しいインフルエンザの流行が気になるところです。

インフルエンザの重症化として気になるのは脳症と肺炎です。

脳症に関して、特に子供では解熱薬との関係が言われています。勝手に熱さましを使わないで主治医の先生と相談しましょう。

大人も同様です。

そして最近合併症で多いのは肺炎です。100%回避はできませんが肺炎球菌ワクチンを接種することによって肺炎の予防効果が言われています。一度打てば5年前後の効果があるといわれます。地域によって補助のあるところがあるので役所に聞いてください。 現在まだ横浜は補助制度はありません。

関連記事

  1. 長引く咳

  2. 経鼻内視鏡 – 是非一度胃カメラを!

  3. インフルエンザ

  4. 放射線の体への影響(横浜に到着する毎日の放射線量)

  5. 生活の見直し

  6. アディポネクチンと動脈硬化