迷走ワクチン接種

インフルエンザA型が未成年を中心に流行しています。例年であればこの季節はインフルエンザワクチン接種に奔走していますが今年は変!!

接種しながらインフルエンザ治療。しかし新型インフルエンザワクチン供給に関しては迷走しています。我々医療界の人間よりも患者さんのほうがよくご存じです。

新型インフルエンザに関してはまだまだ未知でありこれからどうなっていくのか若年者に多いのは中高年は抗体を持っているからなのか?従来のインフルエンザとどう違うのか。

どちらにせよ基礎疾患をお持ちの方はしっかりコントロールしておくことが感染率を下げ重症化しにくいと言えるでしょう。

ワクチンも大事ですが先ずは慢性疾患をしっかり管理しましょう。

PS;新型ワクチンがいつから打てるか、どれぐらい供給されるかは今のところわかっておりません。

関連記事

  1. 放射線の体への影響(横浜に到着する毎日の放射線量)

  2. 気管支粘膜 繊毛の働き

  3. くすぶり予防

  4. 血管年齢、肺年齢

  5. 当院通院中の気管支喘息患者さんへ

  6. 禁煙にかんして