富士三昧 先ずはダイヤモンドに目がくらむ・・

網膜が焼けてしまう。 見てはいけないと思いながら太陽をみてしまう。

山中湖畔からです。太陽は富士山の頂上45度の角度で沈んでいきます。

空に定規を当てて角度を測れば完璧なダイヤモンドの出来上がり。

余談、

「完璧」の由来
中国は戦国時代(所謂秦の始皇帝が中国を初めて統一する前の混沌時代)

趙の王が「和氏の璧」という有名な宝石を手に入れた。それを耳にした秦王は「璧」を手にいれたく自分の領土との交換を提案する。ずるがしこい秦王と取引する不安を持った趙王
は策士「藺相如」を投入。

領土のことはあやふやのまま璧を取り上げられそうになった藺相如は・・・・・

璧もろとも自分の頭を柱にぶつけて玉砕しようとしたところ慌てて制止した秦王。

見事策士藺相如は璧を「完」うしたまま帰国することになる。これが「完璧」

関連記事

  1. 名医華佗 赤壁疫病

  2. 表彰状

  3. 金環日食 

  4. 花火

  5. プログレ

  6. HPのBGM