光の圧力

宇宙帆船”。

ある若い友人に教えてもらいました。

素晴らしい話です。

光の圧力を利用したソーラーセイルのことです。

金星に向けて出発。

太陽の光を利用する為太陽から離れた惑星に向けて進むことは無理です。

なぜなら光粒子の数が足りないためです。光は質量が有りその力で薄い帆船の帆を動かすのです。

最初にその光粒子の圧力を発見した学者は何がきっかけだったか?
それは、、光で鏡が凹んだ。それに気がついたからでした。

余談ですが帆船の名前は実験機イカロス

イカロスって…

父親が息子に空を飛ばせたくて羽を蠟でつけます。

イカロスはどんどん飛んで飛んで太陽に近づきすぎて・・・・・・・

蠟は太陽の熱で溶け羽はイカロスの体から離れて・・・・・・・・

関連記事

  1. 遊書

  2. 光芒

  3. アラブの春

  4. 無題

  5. 作品の中のレシピ

  6. 当たり前にそこにあるもの